Pocket

日本人が憧れる車の1つ「メルセデスベンツ」は中古車になると途端に金額が安くなりますが、その理由は「維持費がかかる」「そもそも新車が高すぎる」「売れ残っている」からです。

「ベンツなんてオレの給料じゃ……」と思っていた方でも、中古ベンツの破格値に「これなら買える!」と思ってしまうかもしれませんが、よく考えて購入しないと、失敗します。

 

それでは、なぜメルセデスベンツが中古車になると、ああまで安くなるのか、その理由を紐解いてまいりましょう。

ベンツが中古車になると安い3つの深いワケ

高級車の代名詞であるベンツですが、中古車両ともなると半額以下で売られているものも少なくありません。
その気になれば、中古車両なら300万円台で買えます。

 

ただ新車だと800万とか、600万とかするベンツが中古になると途端に安くなってしまうのは、なぜなのでしょうか?
国産車の場合、流石に新車価格の半額化ではあまり良い車両は購入出来ません……。

 

その理由は、知られざる中古ベンツの欠点にあります!

  1. パーツ、燃料、修理に整備……とにかく”お金”がかかる
  2. そもそもの販売価格が高すぎ! 2割引も100万円以上減
  3. 実は「売れてない」中古メルセデスベンツ

 

ベンツの金額の高さは、ブランドのクオリティです。
もちろん、車体性能としても高いのですが「自家用車でそんなクオリティが必要か?」と聞かれると答えに詰まってしまいます……。

 

そもそもベンツが新車で高く売れる理由は「高級感」「税金対策」の2つであり、そのどちらの効果も期待できない中古ベンツは、ある一定の層からは無視されています。

1.中古メルセデスベンツは維持費がかかる! かなりの出費を覚悟

国産車は構造や細かなパーツに至るまで、基本的に「国産」であり、各パーツの対応年数も強度も高く、10万キロを超えるまで維持費は、そこまでかかりません。
(人によっては20万キロ以上でも、そこまで維持費はかからないとのこと)

 

しかし、対するメルセデスベンツは、5万キロを超えたあたりか細かなパーツの交換が必要となってくるだけでなく、交換するパーツの費用も高いため、国産車と比べると、かなりお金がかかります。

▼国産車

  • ガソリン:レギュラー
  • 整備・パーツ交換:10万キロから~
  • 維持費用:通常1~2万円、パーツ交換でも3万円~

 

ベンツ

  • ガソリン:基本ハイオク
  • 整備・パーツ交換:5万キロから~
  • 維持費用:通常3~4万円、パーツ交換は5万円~

 

国産車であれば、整備はせいぜい1~2万円、パーツを変えても3万円程度で収まるところがベンツになると10万とか、15万に跳ね上がってしまう……。

しかも、国産車以上に修理しないとすぐに故障するというリスクも。

 

この高額な維持費を嫌う人ほど、中古ベンツではなく、わざわざ新品のベンツに買い替えます。

つまり、お金持ちが行う「ベンツを新品から新品に買い換える」という行為は、整備費用などトータル的なことを考えると理にかなっているワケです。

2.ベンツの販売価格がそもそも高すぎ! 割引で安く思える不思議

100万円の車が50万円になっても、あまり割引感がありませんが、1000万円の車が500万円になると、印象としてかなり安くなったように思えます。

 

この心理と同じで、ベンツって実はアナタが思っているほど中古車両でも安くありません。

 

そもそもの販売価格がべらぼうに高すぎるから、10%OFFされても「うわっ、こんなに安いんだ!」と、びっくりします。

いくら外車とは言え、セダンタイプが中古車であっても300万円以上もするのですから、金額だけ見たらぶっちゃけベンツは“高い”です。

3.安いのに売れない。中古ベンツは売るのが大変……!

日本では8年連続ベンツの販売台数が更新されています。
「車離れ」が叫ばれる昨今ではありますが、新車ベンツは全く関係ありません。

 

しかし、中古ベンツは話が別。購入する人が新車に比べて非常に少ない。

 

新車のベンツは維持費もかかりません。見た目にもカッコイイし、先にも触れたように「高級感」もあり、ほどよく高値の割には売りやすいのでお金持ちの「税金対策」に持ってこいの存在です。

 

でも、中古ベンツになると途端に高級感は薄れ、税金対策としてもあまり魅力的に見えなくなります。
なぜなら、安いとは言え、中古ベンツを購入するお金で国産車の新車が買えてしまうからです。

 

また「1.中古メルセデスベンツは維持費がかかる! かなりの出費を覚悟」で説明したように、中古の方が新車よりも維持費がかかります。
その維持費を嫌ってか、中古市場ではベンツは敬遠されがち……。

 

中古市場は正直です。
売れない車は安くなる、つまり中古ベンツが安いのは、安くしないと買ってくれる人がいないという切実な理由もあるのです!

失敗しない中古ベンツ選び 安い買い物を”高くしない”ための3つのテクニック

  1. 新中古・登録未使用車を狙う
  2. 決算期終わりでベンツが放流される4~5月を狙う
  3. なるべく低い年式・走行距離の中古ベンツを購入する

 

ベンツも基本的には他の外車と変わりませんが、維持費のことを考えると、安すぎる中古ベンツは地雷

故障リスクを考えるのなら、ある程度の金額がする中古ベンツを選ぶのが無難です。

 

そういう意味で完全に税金対策で購入されたであろう「新中古・未使用車」の中古ベンツは狙い目です。

さらに気になるその他の中古ベンツ購入テクニックについても、詳しくご紹介したいと思います!

1.新中古・登録未使用車を狙って、トータルコストを安く!

中古ベンツは走行距離が5万キロを超えたあたりから、ぐぐっと維持費にお金がかかるようになります。
逆に言えば、新中古かほとんど運転されていない登録未使用車を購入し、5万キロ台まで走ってから売った方が経済的なのです。

 

新中古・登録未使用車であっても、そもそものベンツの新車販売価格が高いこともあってか、割引される金額は大きく車種にもよりますが、新車価格の2~3割引、50万円以上安くなることも多々あります。

 

憧れのベンツが新車価格よりも、50万円も安く買えるなら、悪くないと思いませんか?

 

1円でも安く、そしてトータルコストを安くするためにも、中古ベンツは「新中古・登録未使用車を狙う」を選びましょう。

2.税金対策で買われたベンツは4~5月に中古市場に流れる!

新車ベンツは、ほとんどの場合お金持ちに「税金対策」として購入されます。
ベンツは節税のために買われやすく、社用車として使われることも少なくありません。

 

ただ、いくら景気が良いからと言って、何台も中古ベンツを所有するのはムダなので、決算期を過ぎたら売られるパターンが少なくありません。

そして決算期が終わる4~5月はベンツの流通量が増えるため、中古ベンツの金額が安くなりやすいとされています。

 

また4~5月に流通する中古ベンツの中には、新中古・登録未使用車も割合として多くあり、ハッキリ言って“買い時”です!

3.低い年式・走行距離の中古ベンツは、まだまだ安全圏!

「ベンツはすぐに壊れる」というのは、昔の話です。
最新のベンツであれば、中古であっても、そうそうカンタンには壊れません。

やはり10年落ち以上になると、ベンツはこまめに整備をしていないと壊れやすくなります。
如何に「ドイツ産の車は壊れにくい」と言われていても、国産車に比べると10年落ち程度なら壊れやすいのは事実です。

 

だからこそ、なるべく低年式・走行距離の中古ベンツを購入して、維持費にかけるトータルコストを下げるべき。
なお、2010年以降のベンツに関しては、それ以前のものに比べると故障率は下がっているもよう。

 

ある程度、維持費をカバー出来るなら、2010~2012年に販売された中古ベンツを狙って見るのも1つの手かも知れません。

中古ベンツは早く売るに限る! 飽きたらすぐに売ったほうが得?

「それじゃあ、中古ベンツを高く売るには、どうすれば良いの?」という方のために、中古ベンツを高く売る方法をご紹介したいと思います。

それが以下の2つの方法になります。

  • なるべく早く売ってしまう
  • きちんと比較してからベンツを売る

 

中古車販売店側からしても、10万キロとか15万キロとか長距離を走った中古ベンツは買いたくありません。
なぜなら、よほどの安値でなければ売れないから。

 

「どうせなら元を取るまで」とベンツを乗り潰すのは、正直ナンセンス。
むしろ「コスパ」を優先して、ある程度ベンツがあるライフスタイルを楽しんだら、さっさと売ってしまうのが吉。

 

もちろん、ベンツは販売価格が高いため、買取価格も高いのですが、お店によって買取価格にバラツキがあるので、必ず複数の中古車買取店を比較してから、売りましょう!

 

たったこれだけのコトですが、何もせずに適当に売った場合とでは「数十万円単位」で差が出ることがあります、ご注意を。

安い中古ベンツを賢く買って、トータルコストを下げよう!

新車を買うよりは、圧倒的に中古の方がベンツは安いです。

 

ただ、その品質を考えた時に果たして格安中古ベンツはトータルコストとして安いのかと言われたら、残念ながらあまりにも安い中古ベンツはオススメ出来ません。

 

ヘタをすると買った側から故障し度重なる修理費用で「他の車が買えた」なんてことになりかねません!

そんなリスクを避けるためにも、必ずご紹介した情報を参考に“トータスコストが安い”中古ベンツを購入するようにしましょう♪